「楽壇の帝王」ヘルベルト・フォン・カラヤンが愛したターボ│多数のポルシェを所有していた?

「楽壇の帝王」ヘルベルト・フォン・カラヤンが愛したターボ│多数のポルシェを所有していた?
「楽壇の帝王」と呼ばれる世紀の指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンが愛車としていたポルシェ911 ターボ RS は、長い間姿を消していた。しかし、2017年にカラヤンが愛したコンサート・ホールの前に現れたのだ。今もなお、圧倒的な存在感を放つ1台のストーリーを紹介する。

40年が経ったある日、あの時と同じ1台のスポーツカーが再び、オーストリアのアニフにあるホテル ”フリーザッハ” のエントランス・ロータリーに入ってきた。かつてヘルベルト・フォン・カラヤンが駐車していた場所に、そのポルシェは停められた。カラヤンはかつてよくリハーサル後、帰宅途中にホテルへ立ち寄り、聖壇が飾られた行きつけのパブで子牛脳のアスピックを楽しんでいたという。昔と同じ場所でこのポルシェを見て、カラヤンのお気に入りのソロ・ヴィオラ奏者であったヴィルフリート・シュトレーレは隠しきれない喜びを見せた。彼は、18年間カラヤンのオーケストラに所属していたこともありカラヤンをよく知る。

「楽壇の帝王」ヘルベルト・フォン・カラヤンが愛したターボ│多数のポルシェを所有していた?


ヘルベルト・フォン・カラヤンは生前、常に圧倒的な存在感を放っていた。華奢な体つきでありながら巨大なオーラに包み込まれ、指揮の最中は集中力を保つために鋭い碧眼を閉じたまま指揮棒を振っていた。もちろん、すべてのパート総譜は頭の中に記憶されていた。そんなカラヤンは、音楽家であると同時にディレクターであり、プロデューサーであり、さらには演出家、建築家、マーケティングを行う人物でもあった。ルネサンス時代に生きた人のような風格を持つ彼は、ひとたび風変わりなオーケストラの演出を思いつけば、どんなに小さな要素であってもとことんこだわり、エネルギーを限りなく注ぎ込んでいった。シュトレーレは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で行われた動画収録のことを今でもふと思い出すという。録音は奏者たちが正確に音程を保つべく集中できるよう、プレーバックを通して行われたそうだが、演奏はマエストロであるカラヤンが納得するまで終わることはなかった。今となっては伝説的なエピソードである。

あわせて読みたい

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「楽壇の帝王」ヘルベルト・フォン・カラヤンが愛したターボ│多数のポルシェを所有していた?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ヒトラーのお気に入りカラヤン。

    0
  • 匿名さん 通報

    偉大なフルトヴェングラーに比べればカラヤンなど幼稚園児のチイチイパッパ以下だ。そう言えば安倍晋三は子供たちに「ヒトラーは偉い人」と言わせてるなあ。

    0
  • 匿名さん 通報

    カラヤンは身長173センチではない! もっと小柄で身長160センチ前半だ。 筆者はそれすら知らないのか。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。