「911をフルタイム4WDにせよ」959に見るポルシェ四輪駆動進化の記録

「911をフルタイム4WDにせよ」959に見るポルシェ四輪駆動進化の記録
革新的な四輪駆動システムをもって過酷な長距離ラリーに臨んだ、ポルシェ80年代の活動を振り返る。

時は1979年、フェリー・ポルシェは四輪駆動の優位性を目の当たりにしていた。当時の世界のラリー界では、5気筒ターボエンジンを搭載したグループ5・モンスターマシン、アウディ・クアトロが席巻していた。ヴァルター・レアルやミシェル・ムートンといったドライバーの腕もさることながら、ボクシーなアウディは、卓越した駆動システムを武器にいとも簡単にライバルを打ち負かしていたのである。
 
フェリー・ポルシェはこの事態にすぐさま反応、ポルシェがいつまでもリアエンジン/リアドライブに固執していては時代に取り残されると悟り、同社の名エンジニア、エルンスト・フールマンに911を四輪駆動に仕立てるよう命じた。少なくとも紙の上では無理な注文ではなかった。というのは、オリジナルのVWのトランスミッションは、水陸両用のタイプ166シュビムヴァーゲンなどで実践されたように、前後輪をともに駆動するよう改造するのは比較的簡単だったからである。

「911をフルタイム4WDにせよ」959に見るポルシェ四輪駆動進化の記録

 
しかし、フールマンは四輪駆動のためにポルシェのエンスージアズムを割くことはしなかった。確かにそこにいくつもの優位性は認められたものの、開発コストやそれがもたらす可能性、限られた販売台数などにまさるメリットを見いだせなかったのである。歴史的にポルシェは競技用車両を新技術のテストベッドと位置づけており、ターボエンジンもレースで鍛えられた末に930ターボを誕生させた。だが、四輪駆動の911が市場を賑わすには、まだ数年かかると見たのである。とはいうものの、四輪駆動の種は撒かれた。種はやがて成長して実を結ぶ。それがタイプ954、すなわち生産型911SCの競技車両911SC/RSである。軽量なこの車がグループBの参加資格を得るためには最低200台が生産されなければならなかったが、911SCが911

あわせて読みたい

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。