1台のポルシェと100万km以上を刻んだ人物│44年間で刻んだ歩み

1台のポルシェと100万km以上を刻んだ人物│44年間で刻んだ歩み
カナダ人のポルシェフリークである、ビル・マッキーチャンとポルシェの関係は並大抵のものではない。彼がポルシェと共に刻んできた距離は100万km以上にも及び、それは地球から月まで行ける距離の3倍にもなるのだ。彼はポルシェ911ターボを44年前に手に入れた。それからというもの、様々な冒険を通して酸いも甘いも共にしてきた。 

「私はアメリカンマッスルカーと共に育ちました。若い頃はオールズモビル442に乗っていました。どこでも注目の的だったけれど、ハンドリングは牛乳屋のトラックみたいでしたね」と笑いながら振り返る。そして、1970年にはじめて買ったポルシェである911Tのことを思い出し、「信じられないほど機敏で、いかによく設計されている車なのだろうかと感じました。性能が素晴らしいだけでなく、コンパクトでありながら快適でもあるのです」とその感動を思い返す。

1台のポルシェと100万km以上を刻んだ人物│44年間で刻んだ歩み


この体験が、マッキーチャンの人生におけるターニングポイントとなる。シュトゥットガルト生まれのスポーツカーへ心を奪われたのだ。シルバーの911を彼の社用車として購入した。しかし、すぐに彼の目に魅力的なポルシェが飛び込んできた。「1972年、917/10をはじめてCan-Amレースで目にしました。ターボチャージャーを搭載してロケットのような速さだったのです」と話す。そして、数年後にカナダで930ターボが市販化されたのだった。ディーラーで購入しようとしたところ、パワフルすぎるが故に"一度考え直してみたらどうだろうか"とすらいわれたそうだ。しかし、911ターボ以外に幸せを感じられるクルマはないだろうと彼は思っていたため、決して購入に躊躇することはなかった。ここからは、彼とポルシェの距離を振り返る。

あわせて読みたい

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「1台のポルシェと100万km以上を刻んだ人物│44年間で刻んだ歩み」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    どうして911ターボと930ターボをごちゃ混ぜに書くのか。同じものなんだが。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。