エンジンが最大限の性能を持続できるためにクレマーが出した答えとは?ポルシェ 935 K3

エンジンが最大限の性能を持続できるためにクレマーが出した答えとは?ポルシェ 935 K3
この記事は『一度見たら忘れられない衝撃│誰もが認めるほど速かったオレンジ色のポルシェ935 K3』の続きです。

クレマー・チームは熱交換器を巨大なパイプごと左右リアフェンダーの内側に隠し、インタークーラーの冷却方式を水冷から空冷に代えたのだ。冷気が直接インタークーラーに当たるような工夫も盛り込まれた。この合目的的な手段は功を奏し、吸気温度を20℃も下げることに成功、エンジンのパフォーマンスは飛躍的に向上した。性能アップの要因はほかに、マイナーな改良や圧縮比の変更、ターボやタイヤの見直しなどによる部分もあるが、インタークーラーの方式を水冷から空冷に改めたことこそ、K3を世界王者に押し上げた原動力といって間違いない。
 
着目したいのは、当時のモータースポーツ・テクノロジーでエレクトロニクスが占める役割はごくわずかだったことだ。現在ならコンピューター上ですべてがシミュレーションできるが、当時のクレマーはこの結果を得るためだけにサーキットでレースを想定した走行テストを幾度となく繰り返し、熱の問題を解決したのである。
 
ケルンのワークショップで働く人たちは、プロフェッショナルなスポーツカー・チューニングにおいて先頭を切って世界標準を作り上げたのは自分たちのスタッフやクレマー・レーシング・チームであることを誇りに感じている。2基のKKK製ターボチャージャーを搭載し高度にチューンされた3リッター水平対向6気筒エンジンは、元来の2857ccからボア、ストロークともに拡大して2994ccとし、1.2バールの過給をかけたときに800bhp/8000rpmの最高出力を絞り出した。ギアボックスはオリジナルに対して前後逆にして搭載した。こうすればエンジンを降ろさずにギアレシオの交換ができるのだ。この搭載法は全高を40mm以上下げることにも貢献している。クレマー技術陣が選んだブレーキは、標準より40 %も容量の大きなものだが、これは1000kmレースでも交換の必要がないことを意味した。ダンパーもビルシュタインがK3のために製作したワンオフの特注品だ。

あわせて読みたい

ClassicPORSCHEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。