ただの特殊車両じゃない!トヨタ ハイメディック救急車の歴史(3代目編)

ただの特殊車両じゃない!トヨタ ハイメディック救急車の歴史(3代目編)

トヨタハイメディックの歴史、今回は最終回。

現行型ハイエース200系をベースにした、最新型タイプを紹介したいと思います。

現在全国的に配備の進む最新型ハイメディックは、200系ハイエース、スーパーロングハイルーフがベース。

今までのハイメディックと違い、メッキグリルやメッキドアハンドルの採用でグランドキャビンベースかと思わせますが、もちろん歴代ハイメディック同様、市販モデルには無い仕様が組み込まれてます。

それは、左側スライドドア。

国内仕様のスーパーロングハイルーフのボディには、バン、ワゴン、コミューター。全て左側スライドドアの設定がありません。

これが新型ハイメディックの一番の専用装備ともいえます。

ボディサイズは先代ハイメディックとほぼ同等ながら、キャブオーバー型に回帰し全福は80mm拡大。

これにより患者室が広くなり、乗車定員も1人増え8人になり、救急活動にも貢献しているようです。

ただ、車両重量が約600キロの重量増にも関わらず、エンジンは先代のV6DOHC3.4L 180psから、直4DOHC 2.7L 151psに下がり、坂道の多い所等では出力不足が懸念されています。

専用エンジンも無く、小回りに威力を発揮する4WSも装備されてない最新型ハイメディック。

しかし室内サイズは歴代最大、外観も個人的には歴代で一番スタイリッシュに見えます。

コスト面を度外視すれば、現行ハイメディックにV8エンジン、4WSを搭載した最強ハイメディックが登場してほしいと思います。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2012年1月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら