箱型の道具感溢れる「ダイハツ ネイキッド」のスタイルは機能重視の証【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第27回】
拡大する(全4枚)
■超個性派の代表選手、ダイハツ ネイキッド

80~90年代の日本車のうち、チョット変わった個性派のデザインを振り返る本シリーズ。第27回は、男性の工作心に火をつける超個性的なクリエイティブミニ、ダイハツ ネイキッドに太鼓判です。

「ミラ」「ムーヴ」シリーズをベースに全高を1550mmに抑えた機能的ボディ●ボルトもヒンジもすべて機能のため

「We do COMPACT」を掲げ、「ストーリア」など個性的なクルマを送り出していたダイハツは、新たに30代の男性をターゲットにした商品を企画。1999年、バイクの構造をヒントに、まったく新しいコンセプトで登場したのが「ネイキッド」です。

「ミラ」「ムーヴ」シリーズをベースに、「タフ&シンプル」をデザインコンセプトとしたボディは、直線とフラットな面で構成された超箱型スタイル。

一方で全高を機械式パーキングに対応した1550mmに抑えるなど、基本は機能重視であることを主張します。

フタ形のボンネットや3分割バンパーなど道具感が満載

フロントでは、ほぼ水平まで持ち上げたフタ形のボンネットと、奥行きを持たせた丸形ランプにメッシュのグリルが立体感を演出。修理など簡易な交換を可能にした3分割バンパーは、ホイールアーチと一体型とすることで力強さも表現します。

それらフードやグリル、バンパーなどはすべて角が大きく面取りされていて、その組み合わせが強い道具感を生み出しています。同様に、Aピラーもフェンダーから続く大きな面が特徴的で、太いルーフモールとのセットが道具感をさらに際立てます。


この記事の画像

「箱型の道具感溢れる「ダイハツ ネイキッド」のスタイルは機能重視の証【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第27回】」の画像1 「箱型の道具感溢れる「ダイハツ ネイキッド」のスタイルは機能重視の証【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第27回】」の画像2 「箱型の道具感溢れる「ダイハツ ネイキッド」のスタイルは機能重視の証【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第27回】」の画像3 「箱型の道具感溢れる「ダイハツ ネイキッド」のスタイルは機能重視の証【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判「個性車編」第27回】」の画像4