テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】
拡大する(全11枚)
■ロータリーが大好きというハートが伝わってくるRE雨宮

毎年、駐車場からもっとも近い位置にブースを出すのが、ロータリーチューンでおなじみのRE雨宮自動車。何しろ東京オートサロンの前身である、東京エキサイティングカーショーの時代からずっと出展し続けているという、チューニング界の神様みたいな存在なのです。

毎年、もっとも目立つ一等地に設営されるRE雨宮のブース●こんなことやるのは世界で雨さんだけ! テスタロッサにロータリーを搭載

フェラーリファンが見たら激怒しちゃいそうなのがこの「IMS Ferrarari and RE雨宮」。

ヘッドライトなどは往年のフェラーリ的なイメージはあるものの、これがテスタロッサであったとは想像できないエクステリア

フェラーリのようなモデルになると、ネジ1本までオリジナルにこだわる…なんて人が多いのですが、雨さんはそんなことは関係ありません。エンジンはなんといってもロータリーなんです。

水平対向12気筒の代わりに搭載されるのは4ローターエンジン。一体どれだけの軽量化になるのだろう

「これってあのテスタ?」と聞いたら「そう、オレが乗っていたテスタロッサ」と返ってきました。さすがです雨さん。

テスタロッサに4ローターエンジンを搭載、オリジナルのエアロパーツの装着によって、もはやこのマシンがかつてテスタロッサであったことはほぼ不明。

その証拠は、フロントに残された跳ね馬のエンブレムだけかもしれません。


この記事の画像

「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像1 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像2 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像3 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像4
「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像5 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像6 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像7 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像8
「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像9 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像10 「テスタロッサ+ロータリーがRE雨宮イチオシ?いいえ、オープンのロードスターっしょ!【東京オートサロン2020】」の画像11