マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に
拡大する(全6枚)
■フィールドジャーニーには、濡れたり汚れたりした荷物も積めるサブトランクを用意

以前お伝えしたようにマツダCX-5は、2021年11月にマイナーチェンジを受けています。MAZDA3などに採用されている「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」という設計思想が注入され、乗り心地の向上など、動的質感のさらなるブラッシュアップが図られています。

悪路走破性を高めたオフロードモードを備える「フィールドジャーニー」

同時に、特別仕様車の「Sports Appearance(スポーツアピュアランス)」「Field Journey(フィールドジャーニー)」を追加することで、前者はスタイリッシュかつスポーティな志向に、後者はアウトドアフィールドにも映える好みに応えています。

高い悪路走破性、スタックからの脱出性を備える

新たな走行モード「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT(Mi-DRIVE)」が用意されたのも新型CX-5のトピックス。

特別仕様車の「フィールドジャーニー」には、唯一「OFF-ROAD」モードが搭載されています。

マイナーチェンジでよりフラットライドになったCX-5

このオフロードモードは、AWDの後輪へのトルク配分を増やすことでトラクションを高め、悪路走破性の向上、スタックした際の脱出性を高めています。

高速域までリヤにトルクを伝えることで、高いスタビリティを実現。さらに、オフロードに最適化された「GVC(G-ベクタリングコントロール)」により、タイヤの接地性も高められています。


この記事の画像

「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像1 「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像2 「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像3 「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像4
「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像5 「マツダCX-5「フィールドジャーニー」は「オフロード」モードを備え、高い悪路走破性を備えアウトドアでの頼もしい相棒に」の画像6