ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用
拡大する(全6枚)
■Cピラーをリヤゲートまで伸ばし視界アップ、サイドラインは上品に

ホンダが現在開発中とみられる新型クロスオーバーSUVの情報を入手、その予想CGを製作しました。

ホンダ CR-V後継モデル 予想CG

初代CR-Vは1995年に誕生、2016年後期モデルからは海外専用モデルとなりました。

2018年、第5世代にフルモデルチェンジするタイミングで2年ぶりに日本市場に復活しましたが、2022年には「インサイト」などとともに生産終了となることが報道されています。

ただし海外市場ではフルモデルチェンジを続行、6代目へ世代交代してモデルは存続することになります。

ホンダ CR-V

一方、国内市場ではCR-V後継モデルとして新型のクロスオーバーSUV投入計画があるようで、現行型よりボディをコンパクト化。1.5リットル直列4気筒+2モーター「e-HEV」ハイブリッドを搭載すると噂されています。

エクステリアデザインでは、ウインドウはCピラーをリヤゲートまで伸ばし、視界がアップ、サイドラインはシンプルながら上品な感じになると予想されます。

フロントエンドはSTWの流れをくむ、両サイドのディフューザーを排除してエッジをシンプルにデザインしたものになり、ヘッドライトデザインは、細めでシャープなものに。また、メッキのラインバーを取り入れフロントを引き締める印象になるほか、アンダー周りにフロントからサイド、リヤまでSUVらしい厚めのウレタンバーを装着するなども予想されます。

キャビン内では、新しいデジタルインストルメントクラスターと、かなり大型化されるインフォテインメントタッチスクリーンを採用することになるでしょう。

CR-V後継モデルの登場は2022年内に期待されています。

(APOLLO)

この記事の画像

「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像1 「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像2 「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像3 「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像4
「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像5 「ホンダ「CR-V」後継モデルがやって来る!1.5リットル直列4気筒+「e-HEV」ハイブリッド採用」の画像6