マツダのプラグインハイブリッド「CX-60」が欧州デビュー。日本仕様の価格はどうなる?【週刊クルマのミライ】
拡大する(全4枚)
■エンジン縦置きのプラグインハイブリッドが発表されたマツダが開発したラージ商品群のプラグインハイブリッドメカニズム。2.5L直列4気筒ガソリンエンジンと8速AT、電動モーターを組み合わせる

マツダが直列6気筒エンジンと、そのエンジンを縦置きする新型プラットフォームを開発していることは知られています。

ラージ商品群と呼ばれる、そのバリエーションとして4気筒エンジンを縦置きしたプラグインハイブリッドを登場させることも以前からアナウンスされていました。

そして、このたびプラグインハイブリッドの量産モデルであるミドル級SUV「CX-60」が欧州で先行発表されました。電動化が必須の欧州市場に先行投入することは自然な流れといえますが、CX-60については日本でも発売されることが公言されています。

ここでは、国産車のプラグインハイブリッドとしてライバルとなるであろうモデル「トヨタRAV4 PHV」「三菱アウトランダーPHEV」と比較しつつ、CX-60の日本での位置づけを考察してみましょう。

●電動パワートレインの考え方は三社三様三菱自動車のアウトランダーPHEVはバンパーが20kWhと大きい。価格帯は462万1100円~532万700円

CX-60のパワートレインについては公表されている情報を整理すると、2.5L4気筒ガソリンエンジン+8速AT+モーターとなります。

4WD仕様を用意するのかどうかは不明ですが、4WDにするとしてもトランスミッションからフロントにプロペラシャフトで駆動力をデリバリーする設計となっていることがメカニズムの画像からわかります。


この記事の画像

「マツダのプラグインハイブリッド「CX-60」が欧州デビュー。日本仕様の価格はどうなる?【週刊クルマのミライ】」の画像1 「マツダのプラグインハイブリッド「CX-60」が欧州デビュー。日本仕様の価格はどうなる?【週刊クルマのミライ】」の画像2 「マツダのプラグインハイブリッド「CX-60」が欧州デビュー。日本仕様の価格はどうなる?【週刊クルマのミライ】」の画像3 「マツダのプラグインハイブリッド「CX-60」が欧州デビュー。日本仕様の価格はどうなる?【週刊クルマのミライ】」の画像4