日産自動車が高齢ドライバーなどの安全走行を評価できる「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表
拡大する(全4枚)
■北里大学と「交通安全未来創造ラボ」において「有効視野計測システム」を開発

2021年3月15日(火)、日産自動車は「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表しました。日産が2021年3月に産学が連携してネットワーク上に創設された「交通安全未来創造ラボ」の研究成果のひとつとして、北里大学の川守田 拓志准教授が中心になって開発されたシステムです。

実環境に近づけた高負荷による有効視野計測

「交通安全未来創造ラボ」とは、日産が新潟大学、北里大学、相模女子大学と連携し、2021年3月に創設されたバーチャル研究所。

交通死亡事故ゼロを目指し、交通弱者といわれる高齢者や高齢ドライバー、子ども、訪日外国人、過疎化による公共交通機関の縮小などで移動に不安や不自由を抱えている人々に寄り添うことを掲げていて、交通社会におけるダイバーシティ(多様性)の実現に向けた研究が推進されています。

コンピューターグラフィック画面での計測結果確認

今回、発表された「有効視野計測システム」のプロトタイプは、ドライバーの有効視野を簡便に計測できる最先端システム。

ドライバーの眼は、生理的視野(両眼で左右約180度、上方向に約60度、下方向に約70度)の中心付近に注視点を設ける際、その数度(約2~10度)の中心視野の周辺から有効に情報を獲得して処理できる範囲があります。

これが有効視野で、実際見えている生理的視野よりも狭く(約20~30度)、明るさや走行シーンの複雑さなどの条件による揺れ幅が大きく、周囲が暗くなったり、複雑な作業中は当然狭くなります。


この記事の画像

「日産自動車が高齢ドライバーなどの安全走行を評価できる「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表」の画像1 「日産自動車が高齢ドライバーなどの安全走行を評価できる「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表」の画像2 「日産自動車が高齢ドライバーなどの安全走行を評価できる「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表」の画像3 「日産自動車が高齢ドライバーなどの安全走行を評価できる「有効視野計測システム」のプロトタイプを発表」の画像4