アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露
拡大する(全7枚)
■スポーツカーのような流麗なラインと金属から削り出したようなフォルムが特徴「Audi A6 Avant e-tron concept」がフォトデビュー

急速に電動化を推進しているアウディは、ドイツ本国で「Audi A6 Avant e-tron concept」を公開しました。アウディのEV「e-tron」シリーズで初となるアバント(ステーションワゴン)のコンセプトカーになります。

「Audi A6 Sportback e-tron」と「Audi A6 Avant e-tron concept」は、アウディのリーダーシップの下でポルシェAGと開発された「PPE(プレミアムプラットフォームエレクトリック)」が初めて採用されたモデルです。

セダン版の「Audi A6 e-tron concept」は、2021年に発表されていて、アバントも「PPE」をベースに、専用の電気駆動システムが搭載されています。なお、ディメンションもセダン版と同じで、プレミアムラグジュアリーにふさわしい風格を備えています。

ボディサイズは、現行のA6/A7シリーズと同一です。エクステリアは、アウディの最新のデザイン言語に基づいていて、クローズドシングルフレームをはじめ、ワイドなリヤライトストリップなどの主なデザイン要素は、アウディのEV「e-tron」シリーズとの関係性が強調されています。

「Audi A6 Avant e-tron concept」のフロントマスクン「Audi A6 Avant e-tron concept」の走行シーン

この記事の画像

「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像1 「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像2 「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像3 「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像4
「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像5 「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像6 「アウディとポルシェで開発された「Audi A6 Avant e-tron concept」を初披露」の画像7