日野のディーゼルゲートはトヨタの未来を変える!?  電気に行くか? 水素に向かうか?【週刊クルマのミライ】
拡大する(全3枚)
■日野自動車のディーゼル不正は小型エンジンにも拡大平成28年排出ガス規制に適合したトヨタ・コースターのエンジンにおいて燃費測定試験においてエンジン性能を偽る不正行為があったことが発表された。

トヨタ・グループにおいてバス・トラックといった大型車カテゴリーやディーゼルエンジンの開発・製造を担う日野自動車が中型・大型ディーゼルエンジンの認証申請において不正を行なっていたことが2022年3月4日に発表され、話題となっています。

さらに3月25日には続報として小型ディーゼルエンジンにおいても燃費計測において不正行為があったことが明らかとなりました。

対象となったのは、トヨタ・コースターなどの小型バスに搭載しているエンジン「N04C(尿素 SCR)」です。

具体的な不正行為の内容は次のように公表されています。

認証試験の燃費測定において、燃費性能が基準を満たしていない可能性を認識した上で、アイドリング時の燃料消費量について、燃料流量が安定する前の測定開始といった燃費に有利な条件での試験実施や、複数回の測定結果から最も良い値を採用するといった不正行為を確認しました。

覚えている方も多いでしょう、日産・三菱による軽自動車の燃費偽装が明るみに出たのは2016年4月のことです。

その後、各自動車メーカーが同様に行為がないかを確認する中で他社でも燃費偽装が発覚しました。対策として、コンプライアンス意識の徹底などを日本の自動車産業界は進めたはずですが、その裏で日野自動車は燃費測定における不正行為を続けていたのです。


この記事の画像

「日野のディーゼルゲートはトヨタの未来を変える!?  電気に行くか? 水素に向かうか?【週刊クルマのミライ】」の画像1 「日野のディーゼルゲートはトヨタの未来を変える!?  電気に行くか? 水素に向かうか?【週刊クルマのミライ】」の画像2 「日野のディーゼルゲートはトヨタの未来を変える!?  電気に行くか? 水素に向かうか?【週刊クルマのミライ】」の画像3