意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた
拡大する(全11枚)
■4月30日まで羽田空港近くの天空橋で開催中!アーチスト池内啓人氏が作成したヘッドセットの試作群

クルマ好きはもちろん、ハードコアSFや大友克洋さんのAKIRAがお好きな方ならぜったいハマる企画展に、ヤマハ発動機が協賛しています。4月9日(土)から30日(土)まで、東京・大田区の羽田イノベーションシティで開かれている「SFプロトタイピング展」がそれ。

「SFプロトタイピング展」会場の様子

この企画展は2輪&4輪の試作や、博物館&美術館の空間構成を手掛ける「PROTOTYPE Inc.」が企画したもの。「モータースポーツをデジタル化して新しい世界を作り出す」というテーマのもと、最新テクノロジーとアートが融合したプロトタイプ(試作品)が展示されています。

●「おいで」をするとバイクが寄ってくる!パーソナルモビリティの概念実証実験モデル「MOTOROiD(モトロイド)」エンジン部分がやじろべえのように動いて復元力を生み出します

ヤマハ発動機が出展したのは、「意志を持つオートバイ」とでもいうべきプロトタイプ「MOTOROiD(モトロイド)」と、ライディングシミュレーター「MOTOLATOR(モトレーター)」の2つ。

前輪が自律的に動くのでフロントフォークとハンドルは独立しています

まずモトロイドですが、「人とマシンが共鳴するパーソナルモビリティ」の概念実証実験のために作られたモデル。「自立するバイク」として2017年の東京モーターショーにも出展されたので、ご存じの方もいるかもしれません。本来ならエンジンを抱える部分にバッテリーがあり、これが前輪のキャスター角と協調してやじろべえのようにバランスを取るため、停まっていても倒れないんです。


この記事の画像

「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像1 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像2 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像3 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像4
「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像5 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像6 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像7 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像8
「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像9 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像10 「意思を持って自立するバイクなど、まさにSFをリアルに!「SFプロトタイピング展」から「とんがっているヤマハ」が見えた」の画像11