第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】
拡大する(全13枚)
■450kmレースを見据えてGT300予選Q1からタイヤチョイスに注目

5月3日(火)、4日(水)に静岡県・富士スピードウェイで開催の2022 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE」。5月3日はその公式予選が行われました。

SUBARU BRZ R&D SPORT

ゴールデンウイークど真ん中の第2戦富士。開幕戦岡山に続きピットウォークも行われるなど、徐々にではありますが皆さんのよく知るSUPER GTに近づきつつある様子となります。

そんな5月3日の15時からGT300クラスのQ1・A組を皮切りにSUPER GTの公式予選が行われました。前日までの雨はうそのように晴れ渡りますが、予選開始15時の気温は16度、路面温度は23度と、あまり高くはありません。

今シーズン初参戦の244号車 HACHI-ICHI GR Supra GT

第2戦富士の決勝レースは450kmで行われ、スタート時には予選のQ1もしくはQ2で使用したいずれかのタイヤを使用するというルールがあるために、予選から作戦としてのタイヤチョイスが重要となってきます。

そのうえ予選時間は10分間で、もし決勝レース重視でハード目のタイヤを選ぶとタイヤの温まりに時間をかけなくてはならず、しかも路面温度はそれほど高くはない状況です。

K-tunes RC F GT3

その予選Q1のA組で真っ先にタイムを出してきたのが、96号車 K-tunes RC F GT3の1分35秒816。A組唯一の35秒台となります。そのタイムに61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTなどが挑みますが、36秒を切ることができません。


この記事の画像

「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像1 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像2 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像3 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像4
「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像5 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像6 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像7 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像8
「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像9 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像10 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像11 「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像12
「第2戦富士のGT300でSUBARU BRZ R&D SPORTが2戦連続ポールポジション獲得【SUPER GT2022】」の画像13