ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】
拡大する(全9枚)
■エアインテークに垂直のアクティブスラットを装備

ポルシェは現在、主力モデル「911」ファミリー改良型を開発中ですが、そのプロトタイプをビデオが捉えました。

ポルシェ 911 (992世代)改良型プロトタイプ

スカンジナビアで捉えた開発車両は、エアインテークに垂直のアクティブスラットを備えたバンパーを装備するなど、現行型から進化がみられます。

また、プロダクション仕様のデイタイムランニングライトとターンシグナルを隠すためのダミーのライトがバンパーコーナーに確認できます。市販型では、ヘッドライト内部のLEDデイタイムランニングライトも刷新されるはずです。

ポルシェ 911 (992世代)改良型プロトタイプ

後部では、L字型にテールライトが光っていますが、最終的なグラフィックとは断定できません。またバンパー、ディフューザー、エンジンカバーのリアアウトレットも新設計されます。

最大の注目はバンパー中央のデュアルエキゾーストパイプです。これは「ボクスターGTS」や「ケイマンGT4」「ケイマンGT4 RS4.0」の排気口に似ており、自然吸気エンジンが復活する可能性が高いです。

自然吸気4.0リットル水平対向6気筒ユニットは「911 GT3」にも搭載されており、間もなく「911 GT3 RS」にも搭載予定です。911はもともと自然吸気を採用していましたが、CO2削減などの理由から991世代後期型以降ターボチャージャー付きに変更されていました。

ベースモデルでもNAエンジンが復活するとなれば、911ファンにとって喜ばしいで出来事となるでしょう。

ただし最新情報によると、ポルシェのモータースポーツ責任者であるフランク・ステファン・ウォリサー氏が自然吸気復活に「ノー」と答えたといいます。しかし、情報源である企業関係者は、自然吸気の可能性を否定しておらず、その行方が注目されます。

911クーペ&カブリオレ改良型のワールドプレミアは、2023年半ばと予想されています。

(APOLLO)

この記事の画像

「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像1 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像2 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像3 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像4
「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像5 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像6 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像7 「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像8
「ポルシェ911改良型、アイスバーンを走る。ベースモデルにNAエンジンモデルが復活か?【動画】」の画像9