日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】
拡大する(全13枚)
■ミシュランのタイヤDXへの取り組みを一挙に展示●RFIDを2024年にはミシュランの全生産タイヤへ搭載左から日本ミシュラン田中氏、須藤社長、村田製作所福原氏

スマホでポチッと買い物した商品が明日には届くのが当たり前になった現在、その裏では物流への期待と負担が大きく高まっています。

ジャパントラックショー2022ミシュランブース

そのために、トラック輸送が大活躍しているのは明らかでありますが、自宅まで届けてくれるのが自転車やバイク、小型トラックにしろ、それらすべての商品は最終的にはタイヤの上に載っかってくると考えると、いかにタイヤが物流を支えているか、想像するとすごいスケール。ある意味感慨深いですね。

ミシュランは、ジャパントラックショー2022において、それらの負担を軽減し、省力化できる技術や仕組みを展示しています。

タイヤに搭載されるRFID

まずは、「RFID」内蔵タイヤ。「RFID」とは電波を用いて個別のタグが付けられた商品などを管理する仕組みです。ミシュランでは2024年には生産するすべてのタイヤ、トラックや自動車用はもちろん、2輪も建機用なども含めて全部にこの「RFID」を搭載すると発表しています。

EFIDモデュールとコイル状のアンテナで構成される

ミシュランで搭載する「RFID」は非常に小さなチップにアンテナが巻き付けられた状態のもので、サイドウォール部分に埋め込まれるそうです。黒いモジュール部分の大きさは1×1×6mm、アンテナを含めた状態で爪楊枝より少しスリムかな、というサイズ感です。


この記事の画像

「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像1 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像2 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像3 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像4
「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像5 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像6 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像7 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像8
「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像9 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像10 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像11 「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像12
「日本ミシュランが「RFID」内蔵タイヤ、「MICHELIN Quick Scan」を展示【ジャパントラックショー2022】」の画像13