MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」
拡大する(全13枚)
■水素燃費がいいだけに、商売になりずらい燃料電池車の今後●セダンのMIRAIよりSUVのネッソが人気になる?HYUNDAI NEXOを清水和夫が試乗

2001年から2010年まで日本市場へ参入していた韓国大手の自動車メーカー、ヒョンデ(旧名称:ヒュンダイ)が、2022年からEV、FCVのみをひっさげ日本に再参入しました。

2022年2月に発売されたBEVの「アイオニック5」に続き、いよいよ登場した水素で発電する燃料電池車=FCV(Fuel Cell Vehicle)「ネッソ(NEXO)」に、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが試乗しました。

待ちに待ったHYUNDAI NEXO試乗という清水和夫さん

常にFCVの可能性に大注目している清水さん。「待ってました!」と、その性能に期待大。

トヨタ・MIRAIに続き登場したこのネッソ(ホンダのクラリティはリースのみ)は、FCVの世界に旋風を巻き起こすのか? 水素燃料電池車の今後を考えてみました。では早速、動画をチェック!

●カーボンニュートラル時代を見据え、12年ぶりに日本市場に登場したヒョンデHYUNDAI NEXOのリヤビュー

さぁ、待ってました!っていう感じのクルマが日本に登場しました。

ヒョンデとして日本市場はなんと12年ぶり。この12年間の間に世界がガラッと変わって、カーボンニュートラル、ゼロエミッションの世界にCASEという名前の下において、ヒョンデも力強く踏み込んだわけです。


この記事の画像

「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像1 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像2 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像3 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像4
「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像5 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像6 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像7 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像8
「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像9 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像10 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像11 「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像12
「MIRAIのライバル「ヒョンデ・ネッソ(NEXO)」登場に清水和夫が歓喜。同じ水素燃料電池車なら「コッチのほうがかっこいい」」の画像13