ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?
拡大する(全9枚)
■シビックと共通プラットフォームで年内に国内発売!HONDA「ZR-V」のフロントマスク

ホンダが北米や中国で先行公開したスタイリッシュな新型SUV、「ZR-V」(米国名:HR-V)。

同社によると、日本市場においてもe:HEVを設定して年内に発売するそうです。

どことなくジャガー「F-PACE」にも通じる、ボディ先端が絞り込まれたフロントマスクなど、他の国産SUVには無い魅力が感じられる一台となっています。

HONDA「ZR‐V」開発責任者 小野修一LPL

そうしたなか同社は5月19日、今後の正式発表に先駆け、開発に携わったメンバーがこのモデルに込めた想いなどを語ったインタビューを公開しました。

HONDA「ZR‐V」開発メンバー

同インタビューには開発責任者である「ものづくりセンター」 機種開発LPLの小野修一氏をはじめ、パッケージ担当の伊藤氏、エクステリアデザイン担当の田村氏、インテリアデザイン担当の上野氏、カラーデザイン担当の後藤氏など5名が参加しています。

早速、開発陣の想いを見ていきましょう。

●「ZR-V」の開発テーマや誕生の背景は?HONDA「ZR‐V」開発メンバー

小野LPLによると、世界の自動車メーカーがSUVを販売の主力に位置付けるなか、同社のSUVラインナップにおいて、大型の「CR-V」と「ヴェゼル」の間に車両サイズの開きがあり、両車の中間サイズのSUVが必要との判断から、今回の「ZR-V」を開発したそうです。


この記事の画像

「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像1 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像2 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像3 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像4
「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像5 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像6 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像7 「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像8
「ホンダの開発メンバーが個性的な新型SUV「ZR-V」に託した想いとは?」の画像9