マツダ・フレアクロスオーバーが一部改良。アダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能を標準装備
拡大する(全2枚)
■ボディカラーの変更、フロントワイパー時間調整機能やUSBチャージャーを搭載

スズキハスラーのOEM版であるマツダフレアクロスオーバーが2022年5月23日に一部改良を受けました。

エクステリアでは、「HYBRID XG」「HYBRID XT」のボディカラーに「ピュアホワイトパール2トーンカラー」を追加。さらに、特別仕様車の「HYBRID XS SPECIAL」「HYBRID XT SPECIAL」には、「シフォンアイボリーメタリック2トーンカラー」「アーバンブラウンパールメタリック2トーンカラー」が追加され、新しい選択肢を用意。

一部改良を受けたマツダ・フレアクロスオーバー

加えて、2トーンボディカラーのフロント&リヤバンパーガーニッシュ色がボディ同色からルーフ同色に変更になり、見た目の印象が変わったのもトピックスです。

インテリアでは、特別仕様車の「HYBRID XS SPECIAL」「HYBRID XT SPECIAL」のインテリアカラーガーニッシュがチタニウムグレーになり、シックな雰囲気を漂わせています。

機能面では、全グレードに全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱抑制機能が標準装備されたことで、高速道路での安全性向上とドライバーの疲労軽減が図られています。

さらに、「HYBRID XS」にオプション設定、「HYBRID XS SPECIAL」「HYBRID XT」「HYBRID XT SPECIAL」に標準装備の「全方位モニター用カメラ装着車」に、狭い道での接触防止をサポートする「すれ違い支援機能」を追加。


この記事の画像

「マツダ・フレアクロスオーバーが一部改良。アダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能を標準装備」の画像1 「マツダ・フレアクロスオーバーが一部改良。アダプティブクルーズコントロールと車線逸脱抑制機能を標準装備」の画像2