日立アステモの試作EVはミステリアスなルックスでインホイールモーターをアピール【人とくるまのテクノロジー展2022】
拡大する(全3枚)
■どちらが前なの? ユニークなデザインの試作EVインテリアにはスパルコのバケットシートが確認できるなど走りに振った演出もされていたが、スタイリングは自動運転のコミューターを思わせる。

公益社団法人 自動車技術会が主催する自動車テクノロジーの一大ショーが「人とくるまのテクノロジー展」です。2022年は3年ぶりにリアル開催となり、会場であるパシフィコ横浜はおおいに盛り上がっていました。

とはいえ、基本的には技術展ですから実車の展示はごく一部で、ましてコンセプトカーなどはほとんど見当たりません。あくまで主役は部品であったり、技術コンセプトというのが、モーターショーとの違いです。

そんな中、実際に走行可能というコンセプトカーを展示、目立っていたのが日立Astemo(以下、アステモ)です。ご存知のように、同社は日立系のサプライヤーである日立オートモティブシステムズとホンダ系サプライヤーの3社(ケーヒン、ショーワ、日信工業)が経営統合して、2021年1月に誕生しました。

電装系、サスペンション、ブレーキ、制御系などなどあらゆる分野に精通しているメガサプライヤーです。

アステモのブースに置かれていたコンセプトカーは、一見するとどちらが前なのかわからないスタイリングがとてもユニークです。インテリアを覗くと、スパルコのバケットシートが設置されているなど走りのパフォーマンスを感じさせる部分もありますが、前後を入れ替え可能なデザイン的なものには完全自動運転のコミューターを思わせる部分もあります。


この記事の画像

「日立アステモの試作EVはミステリアスなルックスでインホイールモーターをアピール【人とくるまのテクノロジー展2022】」の画像1 「日立アステモの試作EVはミステリアスなルックスでインホイールモーターをアピール【人とくるまのテクノロジー展2022】」の画像2 「日立アステモの試作EVはミステリアスなルックスでインホイールモーターをアピール【人とくるまのテクノロジー展2022】」の画像3