フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】
拡大する(全5枚)
■「自動車の育ての親」ヘンリー・フォードが設立

1903(明治41)年6月16日、ヘンリー・フォードが「フォード・モーター・カンパニー」を設立しました。フォードは、ベルトコンベア方式による大量生産を導入し、自動車の低価格化に成功します。これを機に、自動車の大衆化が進み、米国ではモータリゼーションに火が付きました。

組み立てラインの風景 (C)Creative Commons●大量生産による自動車の大衆化を実現

ヘンリー・フォードは1863年、ミシガン州ディアボーンで農場を経営する家庭の長男として生まれました。高校中退後、見習い工や蒸気機関の修理工として働き、28歳の時に発明王トーマス・エンジンが設立した照明会社へ就職します。当時から自動車に興味を持っていたヘンリー・フォードは、仕事をしながら自動車の仕組みを独学で学び、自動車を試作していました。

ヘンリー・フォード(左端)とその隣のトーマス・エジソン (C)Creative Commons

ヘンリー・フォードがチーフエンジニアになった時、会社のパーティで初めてエジソンと話す機会を得ます。そこで、自動車への熱い思いを語ると、エジソンは自動車の将来性について共感し、頑張るように励ましたそうです。エジソンのお墨付きを得て自信を持ったヘンリー・フォードは、本格的に自動車事業を進めることを決断したのでした。

●大量生産によるT型フォードの成功

1903年、ヘンリー・フォードは40歳でフォード・モーター・カンパニーを設立し、1908年に「モデルT」の販売を始めます。T型フォードは4気筒エンジンと2速MTを組み合わせたFRで、他社に比べて性能が優れて低価格であったため、人気を博します。


この記事の画像

「フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】」の画像1 「フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】」の画像2 「フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】」の画像3 「フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】」の画像4
「フォードがエジソンのアドバイスで自動車会社の起業を決断し創業【今日は何の日?6月16日】」の画像5