エリーカ・プロジェクトからスピンアウトした家庭用電池【国際二次電池展】

エリーカ・プロジェクトからスピンアウトした家庭用電池【国際二次電池展】

最高速度370kmを達成した8輪EV「エリーカ」。
そのプロジェクトにも携わったスタッフがスタートさせたエリーパワー社が、オリジナルで大型リチウムイオン電池を開発。
リン酸鉄を電池の素材として利用することで、高い安全性を実現し、欧州の検査会社「TUV Rheinland」から安全性の高さを認められました。

そんな電池セルを家庭用のバックアップ電源とした「パワーイレ・プラス」が国際二次電池展に出展されました。
万一の停電時でも、これさえあれば安心というわけです。電池容量は2.5kWh。最大出力は1000W。1月から販売が開始されています。

ちなみに昨年は法人向けとして、1年で1000セットをリース販売した実績もあります。
「天災は忘れた頃にやってくる」という警句もあります。いざというときの用意をゆめゆめお忘れなく。

(鈴木ケンイチ)

画像付き元記事はこちら:エリーカ・プロジェクトからスピンアウトした家庭用電池【国際二次電池展】(http://clicccar.com/2012/03/04/119707)

あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2012年3月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら