ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】
拡大する(全7枚)
■ミニバンは箱。しかも「キレイな箱」であること●ミニバンらしさをギリギリに狙ったライン

5月27日に発売された、ホンダ新型「ステップワゴン」のシンプルなスタイルが話題です。近年、派手なデザインが主流となっているミニバン市場にどんな変化が起きているのか? エクステリアデザインを担当した蟻坂氏に話を聞いてみました。

Aピラーを後ろに引いたことで機能を備えたロングノーズスタイルに

── カタログを見ると新型は「箱」を追求したとありますが、グランドコンセプトである「素敵な暮らし」がなぜ「箱」につながったのでしょう?

「いえ、それは話が逆で、まずミニバンは『箱』だというのが先にあったんです。初代以降、見ただけでしっかり大きさや広さが感じられることがミニバンに求められてきたわけで、変にスラントさせるべきじゃない。そのうえで、自分を主張しすぎない『キレイな箱』を目指したわけです」

── たしかに箱っぽいプロポーションに変化しましたが、たとえばAピラーの傾きを見ても、それほど「立っている」という感じはしません。

「実はAピラーは何度もやり直したところで、当初はもっと後ろに引いていたのですが、それでは室内が狭く見えてしまう。かといって前に出し過ぎると視界が悪くなる。運転席からまったくノーズが見えないと車両感覚がつかめませんから、ボンネットはしっかり見せたい。そうした機能面を踏まえつつ、しっかりとした箱に見える角度に決めました」


この記事の画像

「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像1 「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像2 「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像3 「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像4
「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像5 「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像6 「ミニバンは美しい箱であるべき。新型「ステップワゴン」の主張しすぎないデザインとは【特別インタビュー】」の画像7