グランプリ受賞で涙のワケは? 【NEXCO東日本 新メニューコンテスト】

3月22日に東京新宿で開催された東日本エリアの「第6回 NEXCO東日本新メニューコンテスト」で見事にグランプリを獲得したのは、東北自動車道の長者原SA(上り)「六魂彩-みやぎの詩-」(1500円)でした。

料理は、東北の食材を使って5品を作り、最後に作り手の思いをプラス。合計6つの魂としたという料理です。
料理の5品は、「仙台黒毛和牛のサラダ仕立て」「東北厳選前菜5種」「彩り寿司 ジュレと共に」「宮城県亘理町ホッキ貝スープ」「宮城県大崎町クレームアンジェ」。
もちろんどれも素晴らしいのですが、メインの「仙台黒毛和牛のサラダ仕立て」は、お肉のコクとサラダの多彩な食感がまざりあって、おいしいだけでなくちょっと不思議な楽しさも味わえてしまいます。これは絶品ですね。

そんな料理を生み出したのは(株)グリーングリーンの五十嵐博文料理長。
なんと、このコンテストには5年連続の決勝進出。しかも過去にグランプリの経験もある凄腕。ところがグランプリの発表では、意外にも涙まじりの受賞となったのです。
過去にグランプリの経験もあるのに、不思議? と思って、さっそくお話しをお伺いしました。

まずは、「5回連続出場ですから、好結果を求められるプレッシャーがあったのでは?」とたずねてみれば、やはり意外にも「今まで一番プレッシャーがなかったんです」とのお答え。

「うちのサービスエリアは、料理場から空が見えるほど壊れるほど被害があったんですよ。そして後片付けなどをしてて、身体に菌が入ってしまって、4月の18日に倒れてしまったんです」とのこと。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2012年3月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら