ディーゼル車の正しい使い方とは?【マツダCX-5試乗】

ディーゼル車の正しい使い方とは?【マツダCX-5試乗】
       

現在好調以上に販売が推移し、その7割がディーゼルということで注目を集めるCX-5ですが、ここでディーゼルに向かない使い方も紹介しておきたいと思います。

昨今、ディーゼルを希望される方は燃費や動力性能に加えて、世界一厳しい日本の排ガス基準をクリアしたディーゼルを応援しようという方が多いと聞きます。

その気持ち、よーくわかります。
まだまだ誤解している方も多いようですが、ディーゼルの燃料となる軽油はわざわざ作るのではなく、重油からガソリンを精製する際に作られてしまうもの。ですが、日本は軽油の消費量が少なく海外に輸出している状況。
ガソリンの消費を減らして軽油の需要を増やせれば、結果的に石油の輸入量を減らせますからね。こうした観点でもディーゼルに注目が集まるのは環境問題が定着していることだと感じます。

ですが、ディーゼルの特性についてご存じない方もいるようです。

ここでいったんCX-5やディーゼルとは話が離れますが、そもそも工業製品はある一定の状況や期間を使用することを前提に作られています。

例えばクルマの場合、真夏の渋滞に耐えられて、かつ極寒や降雪でも問題なく使えることが大事。そのための性能が盛りこまれています。こうしたことから一般論ですが一度エンジンをかけたら、10km以上は走行することがクルマを長持ちさせる秘訣ということです。

エンジンオイルやミッションオイル、ミッションフルードといった、金属部分だけでなくオイルや液体まで温まった状態まで使うことが望ましく、全てが暖まって本来の性能が発揮できる使い方が長持ちさせる秘訣というわけです。つまり短距離ばかりはクルマには厳しいのですね(もしかしたら冷蔵庫の電源を毎日抜き差ししたら壊れる?)。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。