これは便利で安全!! 不格好なSUVのあのミラーがありません【マツダCX-5試乗】

これは便利で安全!! 不格好なSUVのあのミラーがありません【マツダCX-5試乗】
       

先進性、環境性、そして安全装備に注目が集まるCX-5ですが、加えてSUVでありながら助手席側の前に不格好なミラーがありません。

40歳以上の方なら解ってもらえると思うのですが、昔のクルマはフェンダーミラーが主流でした。現在も一部で見られますが、ドア部分にあるドアミラーと違って、前輪付近から生えているのがフェンダーミラー。
ドアミラーよりも視点移動が少ないとか死角が少ないとか評価も高いのですが、現在主流のドアミラーと違って、万が一人と接触した際に突起物となって人体を攻撃する可能性があるため少なくなっています(他にもスタイリングとか、部品を他国と共通化させるためとか、空力の問題もあるかもしれません)。

ですが車高が高いクルマは視認性をクリアにする必要があるため、日本ではサイドアンダーミラー等の装着が義務づけられています。
このサイドアンダーミラー、「クルマの前面および運転席と反対側の側面に接する、高さ1m、直系0.3mの柱(6歳児を想定)を直接認識またはミラーで間接的に視認できること」という法令が元になっています。
こうしたことから、この法令がない国の輸入車や車種によっては日本専用の装備としてサイドアンダーミラーを備える例があります。

もちろんサイドの窓を低くして視認性を確保するほか(これを実現しようとすると、側面衝突対策の面でコストに反映されがち)、日産ムラーノやエルグランドのようにドアミラーに内蔵する方法やホンダ・ステップワゴンのようにプリズムアンダーミラーを用いて基準をクリアする例も増えています。たしかにこれらも凄く便利ですが、縦列駐車などでホイールをこすらないように駐車するためにもうちょっと大きくみたいと思っていました。
しかし、安易にサイドアンダーミラーをつけると人と接触した際に突起物になって危険なのでは? とも思っておりました。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年3月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。