■新しいルックスのグロムは2024年3月14日に発売

先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施...の画像はこちら >>
原付二種のスポーツモデルとしての個性を強化した最新のグロム。メーカー希望小売価格は39万500円(税込)

ホンダが「原付二種のスポーツモデル」と位置付けている12インチのミニバイク「GROM(グロム)」がマイナーチェンジを発表しました。

エンジンは123cc、トランスミッションは5速マニュアルということで、最低でも小型限定普通二輪免許が必要なバイクです。

マイナーチェンジのポイントは主に外観となります。

具体的には、ヘッドライトカバー、シュラウド、サイドカバーのデザインをシャープな形状とすることで、グロムの持つスポーツ性を強調したスタイリングとなりました。

メーカー希望小売価格は39万500円、ボディカラーは、「パールホライゾンホワイト」と「マットガンパウダーブラックメタリック」の全2色となっています。

先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
2024年2月にマイナーチェンジでは2016年にマイナーチェンジしたときのグロムにも似たスタイリングとなった
2024年2月のマイナーチェンジでは2016年にマイナーチェンジしたときのグロムにも似たスタイリングとなった

ところで、グロムのマイナーチェンジは何回目になるか、ご存知でしょうか。

カラーリング変更を除き、ホンダが公式にマイナーチェンジとして発表している回数を数えると、今回で4回目になります。

グロムの発売が発表されたのは2013年5月でしたから、けっこうなペースでマイナーチェンジを実施していることになります。

誕生から各マイナーチェンジの発表時期を整理すると以下のようになります。

先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
2021年3月のマイナーチェンジは新開発エンジン&5速ミッションの採用がニュース。スタイリングも遊び心あふれるもので脱着が容易なカウルを採用した
2021年3月のマイナーチェンジは新開発エンジン&5速ミッションの採用がニュース。スタイリングも遊び心あふれるもので脱着が容易なカウルを採用した

2013年5月22日;発売を発表
2014年4月14日:第1回マイナーチェンジを発表
2016年6月3日:第2回マイナーチェンジを発表
2021年3月9日:第3回マイナーチェンジを発表
2024年2月15日:第4回マイナーチェンジを発表

上記以外に4度のカラーリング/カラーバリエーションの変更を実施しています。何も変更が発表されていないのは、2018年、2019年、2022年だけだったりします。

●2024年モデルのグロムは先祖返りしたように見える

先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
2016年6月のマイナーチェンジでは新設計LEDヘッドライトをはじめエッジの効いたスタイリングへ変更。エキゾーストのレイアウトも変わった
2016年6月のマイナーチェンジでは新設計LEDヘッドライトをはじめエッジの効いたスタイリングへ変更。エキゾーストのレイアウトも変わった

毎年のようにマイナーチェンジやカラーリング変更を実施するというのはバイクでは珍しくはありません。バイクという商品の特性上、新鮮さを大事にする必要からです。

しかしながら、2024年に発表された最新グロムのルックスは、どこか先祖返りしたようにも思えます。

従来モデルが、カウル取付ボルトを目立たせるような意匠として、カウル交換などのカスタマイズを誘う遊び心のあるスタイリングだったのと比べると、オーソドックスな方向にイメージチェンジしたといえるからです。

マイナーチェンジごとにグロムの写真を並べて見比べてみると、2013年にローンチされたときのグロムが持っていたイメージに寄せていったという印象を受けるのは筆者だけでしょうか。

もちろん、排気系のレイアウトはまったく異なりますので、似ているというわけではありません。スタイリングの方向として「遊べるミニバイク」から「大型バイクをデフォルメしたモデル」という初期のイメージに近づいていったと感じるのです。

五十路リターンライダーの本音としては、若々しさを前面に出した従来モデルよりも、新しいマイナーチェンジしたグロムのほうが「オジサンが乗っても似合いそう」という点ではウェルカムな進化と感じますが、皆さんはどう思いますか?

自動車コラムニスト・山本 晋也

先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】

あわせて読みたい

デザインを一新し、トラコンやTFTメーターも装備 (2024/02/20 17:33)" target="_blank">ホンダ「CBR400R」に新型が登場。デザインを一新し、トラコンやTFTメーターも装備
  • 「ホンダコレクションホール」が2024年3月1日にリニューアルオープン! ホンダの過去、現在、未来の挑戦が分かる展示へ
  • ホンダが新型CR-VのFCEV(燃料電池車)を世界初公開へ【第21回 SMART ENERGY WEEK 春】
  • ホンダの「クイントインテグラ」デビュー。人気のインテグラの基盤を作ったクイントインテグラ(初代インテグラ)は119.8万~157.5万円【今日は何の日?2月19日】
  • 1967年登場の「ホンダN360」が、軽自動車の常識を打ち破り「スバル360」を首位から陥落させたその魅力とは【歴史に残る車と技術029】