■使い勝手満点の純正アクセサリーも追加

気軽にスポーティな走りを楽しめることで、根強い人気を誇る原付二種のスポーツモデル、ホンダ「グロム」に2024年モデルが登場しました。

ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外...の画像はこちら >>
ホンダ・グロム(マットガンパウダーブラックメタリック)

前後12インチのタイヤや倒立フロントフォーク、5速ミッションを採用する123cc・空冷単気筒エンジンなどで、街乗りからツーリングまで、幅広いシーンで軽快なライディングを味わえるのがグロム。

新型では、ヘッドライトカバーなど外観を小変更し、よりスポーティなフォルムを実現。

また、新しいカラーリング2タイプを設定したほか、リヤキャリアやサドルバッグなど、普段使いやバイク旅などに便利な純正アクセサリーも追加しています。

●ロングセラーを続ける原付二種スポーツ

2013年の登場以来、コンパクトで扱いやすい車体サイズと、大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備などで、ロングセラーを続ける原付二種スポーツがグロムです。

ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
2023年モデルのグロム
2023年モデルのグロム

2021年にマイナーチェンジを受けた現行モデルでは、カタマリ感と躍動感を両立したスタイルを採用。カウル取り付けボルト周辺へ円形のガーニッシュを採用するなどで、遊び心も演出しました。

また、最高出力10ps/最大トルク1.1kgf・mを発揮する123cc・空冷単気筒エンジンは、ミッションを4速から5速に変更。スポーツモデルとして、操る楽しさをアップさせていることもポイントです。

ほかにも1チャンネルABSを標準装備することで、制動時の安定性も実現。

デジタルメーターには、ギアポジションインジケーターやREVインジケーターも装備し、高い利便性も誇ります。

●シュラウドに入るロゴも変更

そんなグロムの2024年型モデルでは、まず、外観を変更。ヘッドライトカバー、およびシュラウド、サイドカバーに、よりスポーティなデザインを採用しています。また、先代モデルにあった円形ガーニッシュはなくなり、全体的にシンプルなイメージのスタイルに変貌しています。

ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダ・グロム(パールホライゾンホワイト)
ホンダ・グロム(パールホライゾンホワイト)

ちなみに、シュラウドに入るロゴも、先代モデルはホンダを象徴する「ウイング」マークなどが入っていましたが、新型では「GROM」と車名が入るグラフィックとなっています。

また、車体のカラーリングも変更。爽やかな「パールホライゾンホワイト」と精悍な「マットガンパウダーブラックメタリック」といった全2色を設定しています。

価格(税込)は据え置きの39万500円。2024年3月14日に発売される予定です。

なお、新型グロムは、純正アクセサリーがより充実したことも注目です。ナックルバイザー、メーターバイザー、アンダーカウル、リアキャリア、サドルバッグ、シートバッグ、USBソケット(Type-C)を新たに設定。日常の利便性を高めるものから、ツーリングに最適なアイテム、スポーティさをアップするパーツなどを追加しています。

ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダ・グロム(純正アクセサリー装着車)
ホンダ・グロム(純正アクセサリー装着車)

【追加された純正アクセサリー(価格は税込)】
・ナックルバイザー:2万2000円
・メーターバイザー:本体9240円
・メーターバイザーステー:5610円
・アンダーカウル:1万450円
・リアキャリア:2万2110円
・サドルバッグ:片側1万1770円
・サドルバッグサポート:1万1000円
・シートバッグ:本体1万7820円
・シートバッグ取付アタッチメント:2970円
・USBソケット(Type-C):本体4400円
・USBソケット取付アタッチメント:5830円

(文:平塚直樹

ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更
ホンダの原付二種スポーツ「グロム」の2024年モデル登場。外観をよりスポーティに変更

あわせて読みたい

人気のインテグラの基盤を作ったクイントインテグラ(初代インテグラ)は119.8万~157.5万円【今日は何の日?2月19日】 (2024/02/19 00:03)" target="_blank">ホンダの「クイントインテグラ」デビュー。人気のインテグラの基盤を作ったクイントインテグラ(初代インテグラ)は119.8万~157.5万円【今日は何の日?2月19日】
  • 先祖返り!? ホンダ・グロムが4度目のマイナーチェンジを実施【バイクのコラム】
  • 1967年登場の「ホンダN360」が、軽自動車の常識を打ち破り「スバル360」を首位から陥落させたその魅力とは【歴史に残る車と技術029】
  • 再販したホンダ「オデッセイ」を旧型オーナーのドリキン土屋圭市が試乗! 新型は乗り味がビジネスクラスに進化