■2人乗りの「DIAPASON C580」、リゾート向け1人乗りの「DIAPASON C350」を展示

ヤマハ発動機は、2024年2月28日(水)から3月1日(金)まで、東京ビッグサイトで開催される次世代電力ネットワークの展示会「第15回国際スマートグリッドEXPO 春」のホンダ・ブースに、「Honda Mobile Power Pack e:」が搭載されたコンセプトモデルを出展します。

ヤマハ発動機が「DIAPASON(ディアパソン)」を使った電...の画像はこちら >>
「DIAPASON C580」の プロトモデル

展示される車両は、研究開発中のパーソナル低速モビリティの汎用プラットフォーム「DIAPASON(ディアパソン)」を使った2人乗り電動モビリティ「DIAPASON C580」、リゾート向け1人乗り電動モビリティ「DIAPASON C350」の2モデルです。

「DIAPASON」は、開発中のパーソナル電動モビリティ汎用プラットフォームの新たな名称で、従来は「YAMAHA MOTOR PLATFORM CONCEPT」と呼ばれていました。

「東京オートサロン2024」にも出展された両モデルは、新たな共創パートナーのアイデアが一部反映されています。

2人乗り電動モビリティの「DIAPASON C580」は、畑地や不整地など多様な路面環境で、俊敏な移動性とスマートな使い勝手を実現するモビリティ。TOYO TIRE、SKIPPER、昭和トラスト、ワークとの共創により、ホイール、タイヤ、フロアマット、シート、ペダルなどが新たな仕様になっています。

ヤマハ発動機が「DIAPASON(ディアパソン)」を使った電動モビリティを出展【第15回国際スマートグリッドEXPO 春】
「DIAPASON C350」の プロトモデル
「DIAPASON C350」の プロトモデル

「DIAPASON C350」は、リゾートトラストとの共創モデルで、ゴルフ場での走行性能を向上するワイドタイヤが装着されています。

今回の展示も小型低速EV領域での汎用プラットフォームのニーズの探索、実現性やビジネスの可能性を調査するのが狙いとしています。

(塚田 勝弘)

あわせて読みたい

1990年代レプリカのカラーをオマージュした新色も追加 (2024/02/12 14:33)" target="_blank">ヤマハ「YZF-R7」の2024年モデル登場。1990年代レプリカのカラーをオマージュした新色も追加
  • ヤマハ発動機がワイズギアと共同で大阪、東京、名古屋の「モーターサイクルショー」に出展
  • ヤマハ発動機がインドで電動スクーターを手がける「River」に出資
  • ヤマハが2輪最高峰レースMotoGPのワークスマシン「YZR-M1」の2024年モデルを公開。空力パーツの進化でタイトル奪還なるか?
  • 「水が変われば、暮らしが変わる」の想いのもと、きれいな水を届ける「ヤマハクリーンウォーターシステム」【ヤマハ発動機ニュースレター】