ステレオカメラ搭載車は13年前から存在した!〜アイサイトが文部科学大臣科学技術賞を受賞するまで〜

ステレオカメラ搭載車は13年前から存在した!〜アイサイトが文部科学大臣科学技術賞を受賞するまで〜

富士重工業の技術開発者5名が平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において「ぶつからない車を目指した先進運転支援システムの開発」で科学技術賞を受賞しました。

アイサイトは2つのステレオカメラを使ってクルマの前方をコンピューターが監視、走行中のクルマだけでなく歩行者や自転車までも検知し、衝突の危険を感知した場合に自動ブレーキを作動させ、衝突の軽減を図るほか、時速30キロ以下であれば衝突の回避も可能。

他にも前走車に追従走行する全車速追従機能付クルーズコントロールやAT誤発進制御、車間距離警報、車線逸脱警報、ふらつき警報など。衝突回避だけでなく予防安全や運転負荷軽減機能も搭載されています。

これでベース車+10万円という低コストを実現した背景には、スバルが以前より熟成を続けてきたステレオカメラの技術があるからです。

ステレオカメラシステムは3代目レガシィランカスターの99年モデルに装備され、レガシィランカスターADA(ActiveDrivingAssist)として受注生産にて発売を開始。

この発売までに開発開始から10年の年月を要していたそうです。

ランカスターADAに搭載されていたステレオカメラの制御は、車間距離制御クルーズコントロール(50km/h~100km/h)、カーブ警報/シフトダウン制御、車線逸脱警報、車間距離警報の4つ。

同時にランナップされていた装備充実で同一エンジンを搭載するランカスターSより50万円近く高額で、当時新開発の水平対向6気筒エンジンを搭載する上位モデルのランカスター6よりも30万円高額でした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2012年4月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「心理学」のニュース

次に読みたい関連記事「心理学」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら