人気輸入車MINIシリーズの「クーパーS クラブマン」試乗記 !

人気輸入車MINIシリーズの「クーパーS クラブマン」試乗記 !

MINIシリーズと言えばVW Poloと並んで約1000台/月ペースで売れ続けている人気輸入車。
その中でも2007年に追加されたクラブマン(Clubman)は実用性が高いハッチバックモデル。

オリジナルのMINI比で全長が+235㎜、ホイールベースが+80㎜ほど長く、後席膝元スペースも配慮されているのがクラブマンの特徴で、運転席側には観音開きの小型のリヤドアを備えています。

乗降性の観点からはリヤドアは助手席側後方に欲しいところですが、今やMINIは英国生産車と言えどもBMWによる開発車だけに右側通行での利便性に合わせているようです。
願わくば国別にボディパネルも作り分けて欲しいところですが・・・。

構造上で面白いのがバックドア。左右分割式の観音開きとなっているのですが、これが防水シール上、開ける際は右ドアから、逆に閉める際は左ドアからの順となっています。

テールランプ廻りのパネル裏にはドアヒンジが有り、エンジンフード同様、ランプをボディ側に残したままガバッと開く構造。これはリヤゲートの開口幅を目一杯かせぐ為の工夫かと。

上級モデルのクーパーS クラブマンには184psを発生する高出力エンジンが搭載されており、ライバル車に相当するPolo 「GTI」と車両サイズも含めて近似したスペックとなっています。

小排気量の4気筒エンジンに過給器を装備して最高出力も「180ps」クラスでよい勝負。
パワー・ウエイトレシオも6.8(MT)と近く、クーパーSのスポーティさを予感させてくれます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2012年4月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら