2リッター4駆ターボ以上の燃費で走る新型キャンター エコ ハイブリッドに脱帽。例の「アレ」も確認しました!

2リッター4駆ターボ以上の燃費で走る新型キャンター エコ ハイブリッドに脱帽。例の「アレ」も確認しました!

5月18日に発表された三菱ふそうキャンター エコ ハイブリッドのステアリングを握る機会を頂いたので、試乗してみました。

キャンター エコハイブリッドはクラッチとトランスミッションの間にモーターを配置するP2型パラレル方式ハイブリッドシステムを採用。DUONICというツインクラッチ式自動進段6速MTは、インナークラッチに1、3、5速の奇数段が、そしてアウタークラッチに2、4、6速の偶数段と40kW出力のモーターが備わっています。

運転席に乗り込んでイグニッションキーを回してエンジンを始動するところはエンジン車と何ら変わりません。そしてシフトセレクターをP(パーキング)レンジから1段下げてN(ニュートラル)レンジに入れ、さらに左にスライドさせるとD(ドライブ)レンジとなります。メーターのインジケーターを見るとギヤは3速を表示。キャンター エコ ハイブリッドは平坦路や下り坂では3速発進し、上り坂の傾斜角度によって2速、1速と自動的にギヤを落として発進します。

ブレーキペダルから足を離すとAT車のようにクリープで走り出しますが、この時エンジンはアイドリングのままで回転数は上がらず、インバータ制御によるモーターの磁励音だけが聞こえてきます。

実は発進直前のギヤはエンジン3速+モーター2速の状態となっているのです。だからブレーキペダルから足を離すとモーター2速駆動のみでクリープ発進するのです。

このあとアクセルを踏み込むとインナークラッチが接続されてエンジン3速で走行しながらモーターは4速でアシストして加速。さらにインナークラッチを切り離してアウタークラッチを接続し、エンジン+モーター4速へシフトアップ。このようなかたちでエンジン5速+モーター4速→エンジン5速+モーター6速→エンジン+モーター6速へとスムーズにシフトアップしてきます。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2012年6月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら