まるで電車みたい。三菱ふそう、もうひとつのハイブリッド方式とは?

まるで電車みたい。三菱ふそう、もうひとつのハイブリッド方式とは?

5月18日にモデルチェンジした三菱ふそうキャンター エコ ハイブリッドは、パラレル式ハイブリッドシステムを採用し、12.8km/Lの低燃費を実現しました。


ところで、三菱ふそうにはキャンターとは異なるハイブリッド方式も実用化されていたのをご存じですか? それが2007年に登場した三菱ふそうエアロスター エコ ハイブリッドに搭載されたシリーズ式ハイブリッドシステムです。

シリーズ式の特徴は発電専用のエンジンを搭載し、駆動は100%モーターで行なうという点にあります。簡単に言えば、電源を背負った電気自動車ということになります。

発電用の4M50エンジンは、総排気量4.889Lで最高出力132kW(180ps)/2700rpm、最大トルク530N・m(54kgf・m)/1600rpmを発揮。普通のバスと同じように最後部に搭載されています。

また補機類の駆動にも20kW出力のモーターを使用してエンジンの駆動ロスを解消。40kW出力の発電用モーターは、エンジンの下に搭載されています。

発電、回生された電力は屋根上に搭載されたマンガン系リチウムイオンバッテリーに充電します。総電圧は634V。

VVVFインバータ制御装置はシーメンス製で、エンジンルームの上に2ユニット搭載されています。
同じくシーメンス製のN10形交流誘導モーターは、79kW出力のものを2個搭載。減速時はタイヤの回転力を電力に変換してバッテリーに充電する回生ブレーキも備えています。なおVVVFインバータ制御装置とモーターは路面電車用のものを使用。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2012年6月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら