自伝的・爺ぃの独り言・02 星島 浩 <運輸省(当時)自動車局整備課で>

自伝的・爺ぃの独り言・02 星島 浩 <運輸省(当時)自動車局整備課で>
       

[MONDAY_TALK] 上京して通った某美術研究所は言わば芸大予備校然とした各種学校の類で、理事長に著名な美術評論家が就き、当代一流の画家、デザイナー数名を講師に迎えて実技指導に当たっていた。が、実際は石膏像デッサンなど自習時間が大半で出欠を厳しく問うこともなかった。
 一風変わっていたのは産学協同みたいな側面だ。事務を担当していた理事長の奥方が新聞・雑誌の広告主や代理店に掛け合い、デザインコンペの形で生徒に実習させた。採用例は多くないものの、採用されると学校の収入になる上、生徒にも応分のギャラが支払われる。
 学生の多くが下宿住まいでアルバイトしながらの通学だ。中には血を売る苦学生もいたから、作品が採用されると躍り上がったもの。

 私も数点採用された。黒猫の大きな瞳に指針と目盛りを描き込んだ露出計の雑誌広告がクライアントに気に入られ、学校を辞めた後もパッケージデザインなど頼まれた。両国の花火を模した紡織会社のネオンサインが入賞したお陰で、和服のたとう(包み紙)をデザインしたほか、月末には決まって夜半まで劇場数カ所を掛け持ちしてショーケースの模様替えに付き合う—-忙しいけど、楽しかった。
 ネオン制作社は工場が静岡県。事務所が神田神保町近くにあり、毎夜、屋上で発色やパフォーマンスを確認するなど良い勉強になったし、小川町裏通りの看板屋ではショーケースの小道具制作やペンキ塗りなど、積極的に手伝ったもの。
 私には先輩画家に紹介されたアルバイトもあった。日本橋に近い地下のスタジオでヌード・クロッキーをしていたとき、なにかの拍子で自動車が話題になり「興味があるなら手伝わないか」と誘われたのが運輸省(当時)自動車局整備課の孫請けアルバイトである。下請けは京橋に本拠を構える鉄道写真家だったと記憶する。
 自動車の保安基準や整備基準に新項目が加わったり、内容が改正される時期で、担当技官が条文に付ける説明図を発注するのだが、条文が専門用語の羅列ゆえ、一般の絵描きさんにはチンプンカンプンだ。
 例えばバルブタペット調整であり、隙間調節のシム交換であり、ブレーキシュー整備などなど。技官に説明されながらも、下図が出来あがるのに時間がかかり過ぎると、官報掲載の刻限に間に合わない。
 が、初めて技官の説明を聞いた時点で、私の立場が一変する。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年7月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。