意外に知らない低燃費タイヤ選びのポイントとは?

意外に知らない低燃費タイヤ選びのポイントとは?

首都圏でのガソリン不足は解消されたものの、原油高の影響で高止まりのまま。東日本大震災の影響で、東京でもガソリンスタンドに長蛇の列ができました。燃費について考えた方も多いでしょう。

燃費向上術は数多くありますが、低燃費タイヤへの買い替えもそのひとつです。ただし、まだタイヤが新しい、タイヤの溝(山)が十分に残っているならもったいないので、そのまま使うことをオススメします。そろそろ交換かなというタイミングで導入を考えるのがいいと思います。その際に注意したいのが、まず愛車に適合するかどうかです。

基本中の基本ですが、例えばこんな私自身の体験談があります。フィットRSにエコタイヤを装着しようと、大手カー用品店に向かいました。なにせ日本を代表するコンパクトカーですから、サイズはいくらでもあるだろうと高をくくっていたわけです。しかし、その店の在庫には、「185/55R15」という純正サイズに合う低燃費タイヤはなく、近くの倉庫から配送してもらうことに……。フィットの中でも14インチならいくつかのメーカーからチョイスできたのですが。まず、ホームページなどでサイズを確認し、在庫があるかも問い合わせておくことをオススメします。

低燃費タイヤが低燃費たるゆえんは、転がり抵抗が低い、つまりよく転がるからです。逆に、よく進むということは特に雨天時などに、止まりにくいというデメリットも生じることもあります。よく転がることで燃費を良くする、一方で雨などの滑りやすい路面でもきっちり止まる。この相反する要素を満たすタイヤを選びたいものです。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2011年4月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら