【動画】勾配注意!ガソリンスタンドの床面は必ず傾斜が付けてあります。

【動画】勾配注意!ガソリンスタンドの床面は必ず傾斜が付けてあります。
       

先日のガソリンスタンドの消火システムの記事でもご紹介した、スタンドの知られざる小ネタ。

今回はガソリンスタンドには必ず傾斜がつけてあるというお話。

日本国内にあるガソリンスタンドは、必ず床面が勾配になっています。それは、給油でこぼれたガソリン等の燃料や雨水、ガソリン等が気化した引火性ガスが溜まったりしないように、消防法で勾配をつけるよう定められているからです。

消防法「危険物の規制に関する政令」

第三節 取扱所の位置、構造及び設備の基準
〔第17条第1項4号〕
給油空地及び注油空地は、漏れた危険物が浸透しないための総務省令で定める舗装をすること。

〔同第17条第1項5号〕
給油空地及び注油空地には、漏れた危険物及び可燃性の蒸気が滞留せず、かつ、当該危険物その他の液体が当該給油空地及び注油空地以外の部分に流出しないように総務省令で定める措置を講ずること。

となっています。

つまり日本国内のガソリンスタンドは必ず液体が浸透しない舗装がされていて、勾配が付いている事になります。

この勾配により流れた油や雨水などは、下水には流れず、ガソリンスタンドの敷地を囲むように設けられている排水溝を通り、地下のタンクに貯められ、廃油業者が定期的に回収に来ます。

つまりはガソリンスタンドには必ず勾配が設けられ、排水溝が必ずあると言う事になります。

海外の場合も同様の法律があるかはわかりませんが、安全性の観点からも恐らくは同様の措置が取られているように思います。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年7月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。