プロに学ぶ省燃費運転術5つのワザ

       

■2:スピードは控えめに

車速と燃費は非常に密接な関係があります。というのも「空気抵抗は車速の2乗に比例する」からなんです。時速70キロを超えたあたりから飛躍的に燃費は悪化していきます。空気抵抗が特に大きいトラックは時速100キロから120キロまでスピードを上げると、なんと30%近く燃費がダウンしてしまいます。

 ■3:おだやかな発進・加速

一般道の走行では信号や一時停止などで発進や加速が多くなる分、アクセルワークで大きく燃費が変わってきます。発進の際アクセル開度が50%と75%の場合ですと、25%の踏み込み量が多いだけで約10%の燃費悪化につながります。

 ■4:アイドリングストップは効果てきめん

2リッタークラスのクルマですと10分間のアイドリングで約150㏄のガソリンを消費します。「再始動させる方がガソリンを消費するのでは?」と思いがちですが、最近のクルマはコンピューターの制御もきめ細かく、再始動で使うガソリンはアイドリングの約5秒分。こまめにアイドリングストップすることでも積み重ねれば大きな節約になります。

 ■5:タイヤの空気圧は適正に

タイヤの空気圧が20%低いと約8%の燃費の悪化を招きます。空気圧が高いと燃費は向上しますが、乗り心地が悪化したり、タイヤの寿命を短くしてしまいます。

 

ちょっとした心掛けでかなりのガソリンを節約できそうですね

(参考HP) ISUZU  

       ECO JAPAN

 

(テングダンディ)

当時の記事を読む

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月24日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。