こんな未来が来るかもしれない!?発売未定の次世代自動車

こんな未来が来るかもしれない!?発売未定の次世代自動車

「未来」という言葉を聞くだけでワクワクしてしまうのは私だけでしょうか。
とくにクルマについての未来を考えると夜も寝られなくなります。
そこで今回は、見るだけでも未来度大でワクワクしてしまうクルマをピックアップしましょう。

このクルマは昨年のソウルモーターショーで開催されたヒュンダイデザイナーによる未来のトランスポーターをデザインした作品のひとつ。
都市交通や環境問題から世界中のメーカーがパーソナルモビリティを提案するなか、いかにも未来的というこのクルマに魅力を感じてしまいます。

 

Apteraモーターズ(米国)が開発したEV“Aptera 2e”。
見ての通りファンシーで未来的な外観を採用しています。
ただ未来的ではありますが、このクルマの知的財産権を中国の浙江永源グループ(RAV4のコピー車を作っていることで有名です)が購入し生産が開始される予定です。

 

三菱電機が2011年の東京モーターショーで発表したEVコンセプトカー「EMIRAI」。
近未来のEV車をイメージして製作されたという同車は外観デザインだけでなく「Intelligent Connect:賢く繋がる」をコンセプトとするなど、まさに車名のような「良い未来」感溢れたものになっています。

 

アメリカのデザイナー、Loren Kulesus(http://www.coroflot.com/LorenIpsum)さんがデザインしたキャデラック100周年時に作ったもの。
6輪で斬新なデザインだけでなく、燃料にはトリウムというウランに近いが軍事転用が難しいといわれる核エネルギーを使うなど、まさに未来すぎるクルマになっています。

 

2010年ジュネーヴショーで発表されたコンセプトカー“スルヴォル(Survolt)”。
このクルマはシトロエンが考える未来のEV2ドアースポーツカーでモーターとバッテリーをそれぞれ2つ搭載しています。
外観が未来なのですが、意外と実際に出たりして…なんて思えたりもするクルマです。

(クリッカー編集部)

 

画像付き元記事はこちら:こんな未来が来るかもしれない!?発売未定の次世代自動車(http://clicccar.com/2012/10/03/200456)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2012年10月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら