ヤマハ&ブリヂストンサイクルが電動アシスト自転車のバッテリー容量をアップ

ヤマハ&ブリヂストンサイクルが電動アシスト自転車のバッテリー容量をアップ

電動アシスト自転車のカタログを見ていると、ヤマハとブリヂストンの機能がよく似ていることに気がつきます。自転車業界ではクルマと同じようにOEMが進んでいて、電動アシスト自転車ではヤマハとブリヂストンがタッグを組み、モーターやバッテリーなどの駆動部はヤマハ、フレームなどの車体はブリヂストンが担当しています。

ヤマハの「PAS Brace L」は15万2000円、「PAS VIENTA」は13万7000円。後者は標準モードで30km、強モードで25km、オートエコモードプラスは39km走行できます

 

この両者の強みは、ヤマハが世界で初めて電動アシスト自転車を市販化した点でしたが、最近では「ECO NAVI」を搭載するパナソニックなどの追撃も激しく、ヤマハは「PAS Brace L」と「PAS VIENTA」の2012年モデルからバッテリー容量を10%アップし、航続距離を伸ばしています。

 

スポーティなフォルムの「PAS Brace L」は一充電あたり標準モードで40km、強力な走行アシストが継続する強モードで34km、省エネ走行のオートエコモードプラスで52kmの走行が可能です。

 

ブリヂストンサイクルもバッテリーを大容量化し、11月上旬に発売した「アシスタプラス8.9」は、標準で37km、強モードで30km、オートエコモードプラスで44km走行できます。

 


clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ヤマハ」に関する記事

「ヤマハ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ヤマハ」の記事

次に読みたい「ヤマハ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。