2012年販売台数ランキングTOP10予想。ハイブリッドが半分以上に?

2012年販売台数ランキングTOP10予想。ハイブリッドが半分以上に?

軽自動車(届出車)を除いた小型・普通自動車(登録車)の販売データ、月間ランキングではプリウスからアクアへ首位がシフトしたのが2012年後半のニュースでした。一足早く、その年間ランキングを大予想してみましょう。

●予想ランキング
1位:トヨタ・プリウス
2位:トヨタ・アクア
3位:ホンダ・フィット
4位:トヨタ・ヴィッツ
4位:ホンダ・フリード
6位:日産 セレナ
7位:トヨタ・カローラ
8位:日産 ノート
9位:ホンダ・ステップワゴン
10位:トヨタ・ヴェルファイア
10位:マツダ・デミオ

以上、全11台が予想されるトップ10。一部、同順位が存在していますが、ここはかなりの僅差が予想されるということです。 

それにしても、1位のプリウス、2位のアクアは圧倒的です。海外ではプリウスcの名前で売られるアクアですが、もし国内でもその名前を使っていたとしたら、プリウスという車名だけで年間60万台に迫る勢い。トップ10の合計販売数のうち約4割が、この2台となっています。

さらに驚くのはハイブリッド比率が高くなっていること。プリウス、アクアは言うに及ばず、ハイブリッドのグレードを用意しているクルマは、フィット、フリード、セレナ、ヴェルファイアと全部で6車種。まさにトップ10の半分以上をハイブリッドカーが占めている……というと誤解を招きますが、ハイブリッドのグレードを用意していることが当たり前になりつつあるといえそう。

また2012年にフルモデルチェンジしたノートが健闘しているのも2012年の特徴といえそうですが、同じく日産では、セレナが「3列シートのミニバン・ナンバーワン」の座をフリードに奪われそうで、この争いは最後まで目が離せないといえそうです。

(山本晋也)

画像付き元記事はこちら:2012年販売台数ランキングTOP10予想。ハイブリッドが半分以上に?(http://clicccar.com/2013/01/02/208773)

あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2013年1月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら