アフリカが熱い!?進出。二輪・四輪、タイヤメーカーも狙うこれからの市場

アフリカが熱い!?進出。二輪・四輪、タイヤメーカーも狙うこれからの市場

住友ゴム工業が、グローバル展開の一環として、アポロ南ア社を買収することを、その親会社と合意したという発表がありました。これにより、アポロ南ア社が、アフリカ30カ国、インド洋2カ国に持っていたダンロップブランドタイヤの販売権・製造権などを手に入れることができるといいます。

この買収の目的は、アフリカ全土におけるダンロップブランドの使用権を確保すること。そして、南アフリカに製造拠点を持つことにより、アフリカ地域におけるタイヤ販売事業をいっそう拡大させることだといいます。

南アフリカといえば、日産がグローバルブランドとして復活させた『ダットサン』を、まず展開するエリアでもあるのを覚えているでしょうか。2014年に南アフリカからはじまり、インド、インドネシア、ロシアの4か国にダットサンを投入するというニュースも記憶に新しいところです。

インドやロシアといえば、成長する市場として認知されているところですが、そのスタートに南アフリカが選ばれたのは偶然ではないはずです。南アフリカという地域が動車製造が盛んで、それなりの規模のマーケットもあるというのは理由でしょうが、アフリカ全体が市場として成長が期待されていることも感じさせます。

アフリカ市場のモータリゼーションといえば、ホンダが2番目の生産拠点(オートバイ)をケニアに作るということを2013年3月に発表しています。ホンダの現地法人としては南アフリカ、ナイジェリアに続く設立ということですが、2013年9月の工場稼働によりアフリカにおける生産能力は、ナイジェリアとケニアの合計で年間17万5000台となるということです。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2013年6月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら