0.9Lエンジンでも充分! 新型パンダの想像以上の走りっぷりにフィアットの底力を見た!

0.9Lエンジンでも充分! 新型パンダの想像以上の走りっぷりにフィアットの底力を見た!

昨年「一番良かったなぁ」と心底思えたのはフォルクスワーゲンのup!でした。日本のA、Bセグメント級コンパクトカーは、コストと燃費低減にばかり躍起になっているような印象で、スイフトとスプラッシュのスズキ勢をのぞくと、少なくてもドライバビリティの面で感心させられたり、楽しませてくれたりモデルは個人的には見当たりません。

6月からデリバリーされているフィアット・パンダは、up!と同じAセグメントに属し、フィアット500とプラットフォームやパワートレーン、サスペンションなどを共有している兄弟車です。

いまやフィアットを代表する875cc直列2気筒の「ツインエア」エンジンと、「デュアロジック」と呼ぶシングルクラッチ式5速シーケンシャルトランスミッションの組み合わせもフィアット500と同じで、up!も同じく「ASG」と呼ぶシングルクラッチ式2ペダル5MTを採用しています。

パンダのエンジンをかけると、アイドリング時、そして低速域ではパタパタパタという乾いた音が伝わってきますが、ある程度車速が乗ってくればあまり気になりませんし、毎日乗っていれば人間が自然に備えているバッファー機能で慣れる範囲内。しかも、アイドリングストップ付きですから、ややブルンという始動時の音と振動は大きめでも止まってしまえば、そんなの関係ないわけです。

想像以上によかったのが、フィアット500と同じ2300mmのホイールベースながら60kg重いせいか安定感のある乗り心地で、500やup!でも気になるピッチングはよく抑えられています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2013年7月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュース

次に読みたい関連記事「フォルクスワーゲン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。