ヒュンダイが巨大な戦略車「エクシェント」を日本導入!【東京モーターショー2013】

ヒュンダイが巨大な戦略車「エクシェント」を日本導入!【東京モーターショー2013】
       

現代自動車(ヒュンダイ)は11月21日、東京モーターショー2013のプレスデーにおいて同社商用車部門担当の崔 漢英(チェ・ハンヨン)副会長が冒頭挨拶の後、日本初公開となる巨大なグローバル戦略モデル「XCIENTO(エクシェント)」を紹介。 

ヒュンダイと言えば、乗用車では既に2009年11月に日本市場から撤退済みですが、大型観光バスなどの商用車に関しては現在も日本で一定のシェアを確保しています。 

新聞報道などによると同社は韓国・全州(チョンジュ)にある商用車専用工場の自動化ラインで年間3,500~4,000台の大型観光バスを生産しており、中東やアジアなど全世界に輸出しているようです。 

これは年間千数百台規模で推移している日本の大型観光バス市場の倍以上の規模。

 

日本勢(日野、三菱ふそう、いすゞ)は、海外との車体サイズや保安基準の違いから販売市場を国内に限っており、生産も人手作業。その規模も例えば三菱ふそうの場合、平均で年間450台程度と言います。

 

一般的に余り知られていないかもしれませんが、日本製観光バスの車両価格が3,000万~4,000万円台のところ、ヒュンダイ車の場合1,000万円程度安い模様。 

同社は2010年に大型観光バス「ユニバース」を日本へ導入以降、車両の安さに加え、日本勢がウリにして来た環境対応技術でも競争力を高めており、日本の3強に迫りつつあるようです。 


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「モーターショー」に関する記事

「モーターショー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「モーターショー」の記事

次に読みたい「モーターショー」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。