少し小さくなっても広さは十分の新型ハリアー【ハリアー試乗記02】

少し小さくなっても広さは十分の新型ハリアー【ハリアー試乗記02】

国内専用モデルとなった新型ハリアーは、全長4720×全幅1835×全高1690mmで、全長は15mm、全幅は10mm狭くなりましたが、全高は10~20mm高くなっていますので、意外ですが先代と大差はありません。

しかし、北米でも売るレクサスRXと比べると、全長は50mm短く、全幅も50mm狭くなっています(全高は同じ)。

長さも幅もわずか5cmですが、都内の狭い住宅街だとデカイなぁ!と思わされるレクサスRXよりも心理的負担は多少小さくなった気がしますし、今回試乗した2WDガソリンの「ELEGANCE(エレガンス)」ならレクサスRXの5.7mに対して、5.3m(ほかは5.3~5.7m)とグッと扱いやすくなっています。

なお、最小回転半径はハイブリッドの「PREMIUM」系が5.7m、ガソリンの2WD、4WDの「PREMIUM」系が5.6m、ガソリンの2WD、4WDの「ELEGANCE」と「GRAND」が5.3mと仕様によって差がありますのでご注意を。

また、全長4845×全幅1885×全高1700mmの日産ムラーノと比べるよりもひと回り近く小さく、日本の道路事情には断然ハリアーが合っています。

傾斜したリヤクォーターピラーなど、キャビンの天地高を低く見せている3代目ハリアーですが、先述したように全高はむしろ高くなっていますし、Aピラーが立ち気味なので、前席は頭上も広く、横方向も狭くなった印象はまったくなく広々しています。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2014年1月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。