フォードSUV末弟の走りは確か【エコスポーツ試乗記01】

フォードSUV末弟の走りは確か【エコスポーツ試乗記01】

フォードの小型SUV「エコスポーツ」は、欧州も日本向けもインドのチェンナイ工場で生産され輸出されるグローバルモデルで、じつは初代エコスポーツは南米を中心に累計で約77万台というスマッシュヒットを飛ばした人気SUV。今回、日本に上陸したエコスポーツは2代目ということになります。

日本ではエクスプローラー、クーガに続くフォードSUVの末弟であり、マツダ・トリビュートの兄弟車で、根強い人気を得ていたフォード・エスケープからの買い替え需要も見込んでいるとのこと。

先に登場した新型フィエスタと同じBプラットフォームを使いながら、180mmのロードクリアランスを確保。4WDはなく、FFのみですが、アプローチ(25°)/ディパーチャーアングル(35°)ともにコンパクトSUVとしては十分な数値を確保しています。

今回はまず走りからご報告。エンジンはフォード自慢のダウンサイジングターボの「エコブースト」ではなく、1.5Lの直列4気筒DOHC NAで、111ps/6300rpm、140Nm/4400rpmという数値。

フィエスタに積まれている1.0L直列3気筒ターボである「エコブースト」は、MTしか組み合わせはないらしく、残念ながら日本には導入されていません。

さて、いざ走らせてみると、エコブーストほどではないにしても走り出しから必要十分なトルク感があり、高速域のパンチ力もまずまずと、動力性能に不足は感じさせませんでした。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2014年6月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。