ハンドルもブレーキもない米Google自律走行車の普及に向けた課題とは?

ハンドルもブレーキもない米Google自律走行車の普及に向けた課題とは?

既報のとおりGoogleが5月27日、Lexus RX450hを改造した自律走行車の街中試乗会に続いて、ハンドルやペダルが無いプロトタイプモデルの試乗会を開催。 

愛嬌いっぱいのコンパクトなボディにお馴染みの回転型3Dレーザーセンサーを設置、インテリアは2座のシートやスタート&非常停止ボタン、目的地や走行ルートを表示するタッチスクリーンのみというシンプルさ。

 

今夏までに100台の試作車を造る計画だそうで、今回の試乗車では安全の観点からか最高速度が約40km/hに抑えられています。 

Googleは試乗会でのお年寄りや子供達の楽しそうな表情が印象的な動画を公開。 

以前にも触れたとおり、そもそもGoogle社のセバスチャン・スラン氏が自動運転技術の開発に取組む事になったのは同氏が18歳の時に親友を交通事故で失ったことに始まっています。 

従ってGoogleが目指しているのはあらゆる状況にも100%の正確さで対処可能な自律走行車であり、交通事故全体の93%を占めている人間の判断ミスを排除して交通事故をゼロにする事が最終目標。 

Click here to view the embedded video.

今回のプロトタイプモデルがそれまでと違ってハンドルやアクセル、ブレーキが一切無いのも、そうした思いを具現化して世界にアピールするためと思われます。 


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る 2014年6月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。