約1.1mもスライドするアルファード/ヴェルファイアの「助手席スーパーロングスライドシート」の秘密とは?

約1.1mもスライドするアルファード/ヴェルファイアの「助手席スーパーロングスライドシート」の秘密とは?

新型にスイッチしたアルファード/ヴェルファイアのシートアレンジの特徴のひとつが、最大1160mmを誇る助手席の超ロングスライド「助手席スーパーロングスライドシート」です。

サッカー用語のようですが、最後端まで下げると「1.5列目」というイメージで、どんな長身の人でも足を伸ばしてくつろげます。

逆に2列目を助手席ギリギリまで前に出すことで、3列目への乗降性が格段に向上し、空いたスペースにベビーカーなどを積載することも可能。

世界初のこのスライドシートですが、実現にはいくつかの壁があったことは容易に想像できます。まず、フロアのフラット化。フロアに段差があってはシートレールを助手席から後席まで延ばすことはできません。

ただし、アルファード/ヴェルファイアに限らず、ミニバンに求められるフロアのフラット化は、剛性が確保しにくく、このシートアレンジのためだけではないですが、ドア開口部などの弱い場所や結合部を中心に約200か所のスポット溶接の打ち増し、ホイールハウスのインナーには構造用接着剤をトヨタ車では「MIRAI」に続き採用しています(レクサスをのぞく)。

 

実際の操作では、助手席を後ろにスライドさせると、「一度」、前席エリアでストッパーにより止まります。そして再度レバーを引くと、後方の後席エリアに移動できる仕掛けになっています。

このストッパーは、後席に乗員がいたり、足元に荷物があったりした場合の安全のためと、国交省から「前席と後席エリアの区分けをするように」という指針に対応するという2つの理由からだそう。


あわせて読みたい

clicccarの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。