絶好調のCX-3は「最上級グレードの4WD車が買い」の3つの理由

絶好調のCX-3は「最上級グレードの4WD車が買い」の3つの理由

2月27日より販売を開始したコンパクトSUVマツダCX-3は、約1カ月後の3月23日の時点で累計受注台数が10076台になりました。2014年3月の新車登録台数と照らし合わせて見てもベスト10に入る数字で、同じカテゴリーのホンダヴェゼルを大きく上回っています。

CX-3はクリーンディーゼルエンジンン「SKYACITVE-D1.5」専用車で、グレードは上からXD Touring  L Packge、XD Touring 、XDの3種類。ミッションは6MT/6AT、駆動方式はFFと「i-ACTIVE AWD」という新世代4WDの2タイプを全グレードに設定し、自動車重量、自動車取得税は免税となります。

先日開催された試乗会ではXDを除く、2グレードのMT/AT車そして2WD/4WD者を試乗することができました。結論としてXD Touring  L Packge 4WD車 AT車がオススメということがわかりました。その理由は3つありますので紹介しましょう。

まず、乗り心地です。試乗後開発陣に話を聞いたところ、2WD車と4WD車でサスペンションの味付けを明確に変えているそうです。2WD車はオンロード重視で4WD車はスタッドレスタイヤを装着し雪道なども視野に入れた仕様とのこと。

試乗した印象では、2WD車はかなり硬めのセッティングで荒れた路面を走行したときの揺れがちょっと気になりました。お子さんのいる家族だとちょっとこの硬さはキツイのではと思うほどです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2015年3月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。