マツダデミオのSKYACTIVが4-2-1エキマニじゃないのに30km/L達成した秘密とは?

マツダデミオのSKYACTIVが4-2-1エキマニじゃないのに30km/L達成した秘密とは?

新世代エンジン「SKYACTIV-G 1.3」を搭載することで、モーターという電気アシストなしで30km/lを達成した新しいデミオ。これまで30km/lの大台はハイブリッド車だけの聖域と考えられていましたから、純粋なガソリン・エンジン車での達成は快挙と言っていいでしょう。

そして、この大台突破実現の大きな理由が、1.4もの世界一の高圧縮比を実現した新世代エンジン「SKYACTIV-G 1.3」にあります。しかし、このエンジン、まだ完成形ではありません。マツダが産み出したSKYACTIVテクノロジーには、さらなる隠し球があるのです。

これまで僕はマツダの高圧縮実現の理由をいろいろと取材してきました。その技術にはキャビティ付きピストンや直噴技術、ボア×ストロークのロング化、バルブ機構の可変技術などがありました。その中で、最も効果的であったと聞いていたのが4-2-1のエキゾーストマニホールドだったのです。これは排気経路を長くすることで熱い排気ガスが吹き戻るのを防止するのが狙いでした。ちなみにエキマニを長くすると、トルクがアップするのはチューニング業界の常識。SKYACTIVテクノロジーでも、そういう狙いがあるようです。

ところが、今回のデミオはスペースの関係上、4-2-1のエキマニを採用できませんでした。この情報は前々から聞いていて「それなのに30km/lが目標! って宣言しちゃったけど大丈夫なの?」と心配というか不思議に思っていたのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

clicccarの記事をもっと見る 2011年6月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら